<出生前診断についての講演会>

出生前診断を市民や当事者で考える、日本学術会議主催のオンライン講演会が11月26日(土)午後に開かれます。チラシを添付します。
事前予約不要で、どなたでも参加できます。
ゲノム医療の進歩を商業利用し、妊娠初期のお母さんの血液から遺伝子を調べて、未だ科学的根拠が確定していないにも拘わらず自閉症や統合失調症の遺伝子を依頼者に知らせるビジネスがネットで行われています。
日本産婦人科学会でも異議は唱えていますが公的な規制が整備されていないため、何もできずにいます。
今後のゲノム医療は、国民のコンセンサスを踏まえて様々な法的整備の下で行われるべきだと考えます。私たち一人ひとりが考えなくてはならない問題です。
当事者・家族、一般市民の方もお話されるので、関心のある方はぜひご視聴ください。


URL: https://www.youtube.com/watch?v=gNYqc8T0UDw







トップページに戻る