メンタルヘルスの集い(第36回日本精神保健会議)


2019年に武漢から始まった新型コロナウィルス感染症は、短期間のうちに世界的なパンデミックに発展しました。今回のメンタルヘルスの集いでは、コロナ禍での女性、家族、社会に焦点を当て、外出・集会の制限や社会活動の停滞、二次的な風評などによる家族の密着と分断、社会関係の断絶、失業や貧困の増加が、人々のメンタルヘルスにどのような影響をもたらしたか、そしてコロナ禍の不安が残る中でもメンタルヘルスを保つための、方略や施策について議論します。コロナ禍では多くの方が亡くなり、また死の恐怖と闘い生還されました。改めて「生きるということ」について考え、たいへんな環境ではありますが、生きやすい街づくりのために何ができるかを、参加者とともに考えたいと思います。

日時
令和4年3月5日(土) 13:00-16:30


専用ホームページ



チラシ(PDF)のダウンロード








トップページに戻る